note.nkmk.me

Gitの設定をgit configで確認・変更

Date: 2015-07-06 / Modified: 2016-12-07 / tags: Git
スポンサーリンク

Gitの設定ファイルの種類と場所(system, global, local)

Gitの設定ファイルは3種類ある。

種類 対象範囲 場所 備考
system システム全体(全ユーザーの全リポジトリ) /etc/gitconfig -
global 該当ユーザーの全リポジトリ ~/.gitconfig ホーム直下
local 該当リポジトリ repository/.git/config リポジトリの.git直下

system, global, localの順に読み込まれて上書きされる。

なお、以下で説明するgit configコマンドでそれぞれの設定ファイルの確認・編集が可能なので、特にファイルの置き場所を気にする必要はない。

git configコマンドによる設定の確認・変更

設定に対する確認や変更などの処理はgit configコマンドを使う。

設定項目

設定項目の一覧は以下のリンクから。

山ほどあるが、例えば、

  • color.ui : Gitの出力の色分け(通常はautoと設定)
  • core.editor : コミットメッセージなどの編集で用いるエディタ
  • user.name : ユーザー名
  • user.email : Eメール

などがある。

設定の確認

git config <name>で各項目の設定を確認できる。<name>には上述の設定項目user.emailなどを入れる。

コマンドを実行した場所で有効になっている値が表示される。値が設定されていない場合は何も表示されない。

$ git config <name>

# 例
$ git config user.email
example@example.com

system, global, localそれぞれにおける項目の設定値を確認したい場合はオプションをつける。

$ git config --local <name>
$ git config --global <name>
$ git config --system <name>

設定の一覧表示

git config -l(またはgit config --list)で、コマンドを実行した場所で有効になっている設定項目とその設定値がすべて表示される。

$ git config

system, global, localのそれぞれの設定を個別に確認する場合はオプションを付ける。

$ git config --local -l
$ git config --global -l
$ git config --system -l

設定の変更

git config <name> <value>で各項目の設定を変更できる。<name>には上述の設定項目user.emailなどを入れ、<value>には設定する(上書きする)値を入れる。

デフォルト(オプションなし)ではlocalの設定が変更される。

globalやsystemの設定を変更したい場合はオプションを付ける。

$ git config <name> <value>  # ローカルの設定を変更
$ git config --global <name> <value>
$ git config --system <name> <value>

例えば、user.emailをどのリポジトリでも共通にしたい場合は--globalオプションを付けて以下のように設定する。

$ git config --global user.email example@example.com

設定ファイルをエディタで直接編集

git config -e(またはgit config --edit)で設定ファイルをエディタで直接編集することもできる。

$ git config -e  # ローカルの設定を変更
$ git config --global -e
$ git config --system -e
スポンサーリンク
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連カテゴリー

関連記事