note.nkmk.me

Pythonで大文字・小文字を操作する文字列メソッド一覧

Date: 2017-02-15 / tags: Python, 文字列操作

Pythonには文字列の大文字・小文字を操作する便利なメソッドが標準で用意されている。

スポンサーリンク

大文字と小文字の変換

str.capitalize(): 先頭の一文字を大文字、他を小文字にする

str_org = "pYthon iS a gooD proGramming laNguage"
print(str_org.capitalize())
# Python is a good programming language
print(str_org)
# pYthon iS a gooD proGramming laNguage

Pythonにおいて、文字列オブジェクトは更新不能なオブジェクトなので、もともとの文字列(上の例の場合str_org)自身は変更されない。

変換された文字列を後で使う場合は、

str_new = str_org.capitalize()

のようにする。以下のメソッドでも同様。

str.lower(): すべての文字を小文字にする

str_org = "Python is a good programming language"
print(str_org.lower())
# python is a good programming language

str.upper(): すべての文字を大文字にする

str_org = "Python is a good programming language"
print(str_org.upper())
# PYTHON IS A GOOD PROGRAMMING LANGUAGE

str.title(): 単語の先頭の一文字を大文字、他を小文字にする

str_org = "Python is a good programming language"
print(str_org.title())
# Python Is A Good Programming Language

str.swapcase(): 大文字を小文字に、小文字を大文字にする

str_org = "pYthon iS a gooD proGramming laNguage"
print(str_org.swapcase())
# PyTHON Is A GOOd PROgRAMMING LAnGUAGE

大文字と小文字の判定

str.islower(): すべての文字が小文字かどうか判定する

小文字と大文字の区別がある文字が少なくとも一文字以上含まれていて、その全てが小文字のときはTrue、それ以外はFalseを返す。

print('Python'.islower())
# False

print('python'.islower())
# True

print('python'.islower())
# True
# 全角も小文字大文字の区別がある文字とみなされる

print('python パイソン 123'.islower())
# True
# 数字やカタカナ、平仮名、漢字などは無視される

print('パイソン 123'.islower())
# False
# 小文字と大文字の区別がある文字が含まれていないとFalse

str.isupper(): すべての文字が大文字かどうか判定する

小文字と大文字の区別がある文字が少なくとも一文字以上含まれていて、その全てが大文字のときはTrue、それ以外はFalseを返す。

print('PYTHON'.isupper())
# True

print('Python'.isupper())
# False

print('PYTHON'.islower())
# True
# 全角も小文字大文字の区別がある文字とみなされる

print('PYTHON パイソン 123'.isupper())
# True
# 数字やカタカナ、平仮名、漢字などは無視される

print('パイソン 123'.isupper())
# False
# 小文字と大文字の区別がある文字が含まれていないとFalse
スポンサーリンク
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連カテゴリー

関連記事