note.nkmk.me

Pythonでカレントディレクトリを取得、変更(移動)

Date: 2018-04-16 / tags: Python, ファイル操作

Pythonが実行されている作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)を取得し確認、変更(移動)する方法を説明する。

osモジュールを使う。標準ライブラリに含まれているので追加のインストールは必要ない。

取得、変更ついてそれぞれ説明する。

  • カレントディレクトリを取得・確認: os.getcwd()
  • カレントディレクトリを変更(移動): os.chdir()

なお、実行しているスクリプトファイルのパスは__file__で取得できる。以下の記事を参照。

スポンサーリンク

カレントディレクトリを取得・確認: os.getcwd()

os.getcwd()は現在Pythonが実行されている作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)の絶対パスを文字列として返す。

print()で出力し確認できる。

import os

path = os.getcwd()

print(path)
# /Users/mbp/Documents/my-project/python-snippets/notebook

print(type(path))
# <class 'str'>

getcwdは「get current working directory」の略。

パス文字列の処理にはos.pathを使うと便利。詳細は以下の記事を参照。

カレントディレクトリを変更(移動): os.chdir()

os.chdir()で作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)を変更できる。

引数に移動先のパスを指定する。絶対パスでも相対パスでもOK。上の階層への移動は'../'

UNIXのcdコマンドと同じように移動し、カレントディレクトリを変更することが可能。

os.chdir('../')

print(os.getcwd())
# /Users/mbp/Documents/my-project/python-snippets

chdirは「change directory」の略。cdと同じ。

スポンサーリンク
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連カテゴリー

関連記事