note.nkmk.me

Pythonで新しいディレクトリにファイルを作成・保存

Date: 2017-11-22 / tags: Python, ファイル操作
スポンサーリンク

存在しないディレクトリを指定してopenするとエラー

Pythonで、まだ存在しない新しいディレクトリ(フォルダ)にファイルを作成・保存しようとした場合、普通にopenで新しいディレクトリ(存在しないディレクトリ)を含んだパスを指定するとエラー(FileNotFoundError)が発生する。

open('not_exist_dir/new_file.txt', 'w')
# FileNotFoundError

カレントディレクトリなど既存のディレクトリにファイルを新規作成する場合や、既存ファイルに上書き・追記する場合などは、以下の記事を参照。

os.makedirsでディレクトリを作成

openの前にディレクトリを新規作成する必要がある。

Python 3.2以降であれば、os.makedirsを引数exist_ok=Trueとして使うのが便利。いちいち末端ディレクトリの存在を確認する必要がなく、再帰的に一気にディレクトリを作成できる。

import os

os.makedirs(new_dir_path, exist_ok=True)

Pythonのバージョンが古くos.makedirsに引数exist_okがない場合は、先にos.path.existsでディレクトリの有無を調べる。

if not os.path.exists(new_dir_path):
    os.makedirs(new_dir_path)

詳細は以下の記事を参照。

コード例

新しいディレクトリにファイルを作成・保存する関数のコード例を示す。

new_dir_pathnew_filenameという名前のファイルに、new_file_contentを書き込む。

def save_file_at_new_dir(new_dir_path, new_filename, new_file_content, mode='w'):
    os.makedirs(new_dir_path, exist_ok=True)
    with open(os.path.join(new_dir_path, new_filename), mode) as f:
        f.write(new_file_content)
source: filelib.py

openのモードを引数で指定するようにしている。テキストファイルならデフォルトの'w'でいいが、バイナリファイルを作成したい場合はmode='wb'とする。

スポンサーリンク
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連カテゴリー

関連記事